危険領域の境目はどこですか?

こんにちは みなこです。

今日は昨日の軽いランニングの膝痛が少しあり、

マスターは1人でランニングにでかけました。

 
今日で1月も終わりですね。

早かったようなそうでなかったような・・・。

1月締めくくりの1日も頑張りたいものです。


さて、最近の私の悩み。

段々年を重ねていくと勝手に(または本当にそうであっても)

まわりの人から大阪のおばちゃん扱いをされはじめます。

特に大阪!と付くと最上級ですよね。

で、自分自身の中でも葛藤があるわけです。

知らぬ間になる部分は不可抗力ですが、

これをしたらダメかな?と抵抗を試みる事も・・。


先日、〇ギ薬局さんへ行き、お風呂の洗剤を購入。

セール98円!買いの値段です。

レジを済ませ、フッとレシートを見ると

128円になっているのです。

どーしよーかなーと考えた挙句、店員さんにそのことを告げると、

すぐに商品の元へ。

バーコードで管理値段の確認をすると、値札の表示間違い。

「あ、じゃあいいです。どうせ買うものですし」

と言うと、「いえ、30円でも大切です。すぐにレジを打ちなおします」

と言ってくださり98円で購入できたのですが、

若かりし頃はきっと店員さんには言わなかったはず。


さて、これが普通の行為かおばさん行為かの判断が、

解らなくなってきています。

ああーー!どこまでが普通?どこからおばさんなのかな?


このことを、お客さんに話したら、

「98円にしてくれんの?ほんなら5個もらっとくわ」

これはおばちゃん。

おお、そこまでいくとまだ判断できます。

できなくなってきたら、誰かとめてください!
プロフィール

バー キース

Author:バー キース
大阪の玄関 新大阪駅からほど近い、大人のバー「キース」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR